終身医療保険で引受基準緩和型を選択する

現在、医療保険は終身型が主流で、通常型と引受基準緩和型があります。引受基準緩和型は「健康状態に不安がある人向け」と言われていますが、不安だけではなく通常型に加入できない人の終身医療保険の受け皿となとなっています。
通常型の医療保険は、過去5年間の病気やケガによる入院、手術、通院、投薬治療の内容を告知する必要があり、審査の結果「お引き受けできません」と謝絶となることがありますが、引受基準緩和型については、現在通院中でも申込みができるなど審査基準が通常型よりも緩くなっており持病があって加入をためらっている人に検討を促しています。
終身医療の保険でも、年齢による制限が設けられています。年齢制限の特徴ですが、上限については80歳から85歳となっていますが、引受基準緩和型では下限についても保険会社によってバラツキがあることです。20歳から、あるいは30歳からなどとなっており、若い人は緩和型を選択できないこともあるのです。
終身医療の保険は「どれも似たり寄ったり」ではあっても細かいところで違いがあります。自分に必要な保障を見極め、内容を確認して自分自身が納得をして加入をするためにも、多少時間がかかっても吟味をするようにするのが賢明です。

満足できるリットマン 聴診器
徹底こだわりの広島 賃貸
足立区 中古マンションの人気オススメ特集
Gooで欲しいもの見つかる
twitter

最新記事